アクセスカウンタ

ひきのエフェクトのブログ

プロフィール

ブログ名
ひきのエフェクトのブログ
ブログ紹介
日頃感じていることを綴って行きたいと思います。
引野 正之
ホームページ: ひきのエフェクト もよろしくね!
zoom RSS

文春の今週号は『バベルの塔』

2018/12/15 23:29
 文春の今週号を買った。
 表紙が和田誠氏の『バベルの塔』だった。
画像
 氏曰く・・・「人間の不遜の象徴でありましょう」・・・とのこと。

 『バベルの塔』ブリューゲルの絵が世界的には有名である。
画像
 前のblog記事にも書いているが、皆に今この時代の危機的状況を理解してもらいたいものである。
 そして、それが、わかっていれば心配することはない。
 ビックリ箱もビックリ箱と知っていれば、ビックリして取り乱すことはない。
 社会はビックリ箱を自分で作り出し、何が飛び出すか不安にさいなまれている。
 塔には数多くのビックリ箱が隠れている。
記事へトラックバック / コメント


日本・外国人労働者と日本の破綻

2018/12/13 23:04
 今朝の産経新聞に 評論家・西尾幹二 氏の書かれた記事が載っていた。
 2018.12.13 正論 『「移民国家宣言」に呆然とする』
 保守系の論客としては当然のことだろう。現政権擁護派の産経新聞にしては厳しい内容の記事である。

 安倍総理は外国人の単純労働者に入国を許せばいいのだろうが、それのお世話をする人達のことを全くなんとも思っていない。

 単純労働者・・・と言えば大変申し訳ないが・・・頭脳明晰ではない・・・と思われる。・・・常識的に高い収入はないだろう。
 モラル的によろしいかな?・・・とも思える。
 彼らは、労働者・・・である前に人間だ。
 恋をするし、子供を産むし、病気にもなる ・・・・ 誰が面倒を見るのか?禁止か?
 言葉が通じないと、通じるもの同士でコミュニティが形成される。・・・既にある。
 当然ベトナム人と中国人のコミュニティは仲が悪い。
 イスラム教の宗派対立が激しいイラン人とイラク人。
 ・・・・・祈る場所を・・・日本人は優しいからすぐ提供する。
 その辺の祠と同じ感覚、アラーは超偉大なことも知らない。
 ・・・
 長男・・・保育士が言っていた。
 両親がポルトガル語の赤ちゃんを日本語であやすのか?
 ダンゴムシ・・・Many foot・・・Muitos pés・・・友人の受け持ちの幼児が絵を描きながら

 日本政府の支離滅裂ぶりはここに来て極まった。

 バベルの塔(創世記)の話 ・・・ 日本版
 日本が外国人労働者を受け入れ
 日本の言葉がバラバラになり ・・・ 日本が世界から消えてしまう。


どこからか声がする
それは姿のないもの
遙か遠い昔には
平和な国があったこと

大貫妙子 snow
記事へトラックバック / コメント


日本・外国人労働者と世界の破綻

2018/12/11 22:30
 外国人労働者の受け入れを拡大する、改正出入国管理法が成立した。
 政府は認めないが、事実上の移民受け入れに舵を切った事になる。
 厳しい批判の声が上がっているが安倍首相はなんとも思っていないようだ。

 キチガイ沙汰だ。先日も若い人と話したが、例えば文科省

 今まで日本人を教育してきたけれど、子供も作らない、役に立たない人間ばかり育ってしまったので、これからは 海外で教育を受けたやる気のある外人に仕事をしてもらう。

 ってなことだよと。

 前から言っているが、文科省は「クル・クル・パー」あれだけ沢山の学習塾を経済産業省に作らせといて、学校の先生は働き過ぎだという。
 先生自身も忙しすぎるらしい。
 ?????

 まあいいとして、このままでは世界が破綻する。

 これからは、荒唐無稽な話である。・・・気にしないで欲しい。
 日本の国柄は、縄文文化と稲作文化が融合し弥生文化が形成され今日の形が作られた。
 たぶん三千年ぐらいの歴史があり、その時点からほぼ純血を保っていると思われる。
 それから島国である故、一番古くからある民族であろう。
 (日本人について、血統的にDNAなど見ると実際はどこからどう来たかいまだに不明だという)

 明治になって時代が変わり、富国強兵、列強に対抗するため領土拡大にあわせ、朝鮮族と台湾(漢族系)を日本人にしようとした。同化政策・・・混血
 しかし、大東亜戦争の大敗北でダメになった。

 様々な神示本を読むと・・・神は日本人が混血することを嫌うように読める。
 ひょっとすると日本人の純血を守るように、時代は動き動いていくのかもしれない。

 ・・・であるなら、安倍首相のこの決断で、これから天変地異・環境崩壊・経済破綻・などの大混乱が始まるきがする。・・・東条英機が昭和天皇の思いに背いた時のように。
 ・・・否もう始まっているのだが。
記事へトラックバック / コメント


荒神 出雲人は龍つかい

2018/12/11 21:25
 地区の荒神さんが新しくなった。
画像
画像

 出雲と伯耆は荒神信仰があり、各地区で藁で作った蛇・龍?を祀る。(蛇・龍とも水に係わる眷属)
 一様に本年の収穫のお礼と来年の豊作の祈願をしている。
 蛇の化け物と言えば、この辺では八岐大蛇となる。
 八岐大蛇は出雲の神祖神須佐之男命に退治されたけれど、その蛇を祀るのも面白い風習だと思う。
 太古、稲作が始まってからお祀りしているのだろうけれど、今はその理由を知るものはいない。
 祟り神(荒神)を祀り、災厄を抑え込む働きを期待しているのかもしれない。

 スピ系が『龍』『龍つかい』と騒ぐ・・・その浅はかさに嫌気がさす。
 我々出雲人は神話の時代から『龍』と共にある。
記事へトラックバック / コメント


出雲郷幼児園へ餅つきのボランティアに行きました。

2018/12/09 22:12
3年程前から妻のサークル活動の手伝いからはじまって、例年の行事になりました。
画像
 今搗いているのが公民館長、先輩の天理教の会長も参加しています。
 地域社会に貢献しないで、宗教もスピ系子宮系もないではないでしょうか。
 出来上がった餅を園児と一緒に食べました。
 私は年長さんの女児に囲まれ、調子を合わせていたら、そのおませな会話にタジタジ・・・赤面しちゃいますね。
 まるで保険屋のおばさん達と話しているようでした。
 女って産まれたときからこうなんですかねぇ〜〜〜んまぁそうなんでしょう。
 私の子供は男子三兄弟でした。・・・全然なんか・・・次元が違いますね。
記事へトラックバック / コメント


天理教本部の「ひな形甘露台」が倒されてから一年と四ヶ月

2018/12/06 23:55
 天理教系の掲示板やTwitterを見ていて気になることがある。
 前回はミキの教えの否定であった。
 地場について書いたが、今回は宗教儀式について。
 ちょっと掲示板の文章を抜き出してみる。

 ・・・今の儀式のやり方は、国家神道のやり方で、教祖の教えではない。
 社も鏡も神饌者も、所詮、国家神道の「猿真似」
 礼拝形式は国家神道を模倣したもの
 本部により捏造されたものだ・・・
 山盛りの神饌物を見て神様は喜ばれるでしょうか?
 神饌物などどうでもいい
 ・・・・・・などと言うもの。

 本部が教えを曲解、改竄しているのは今となっては、中田表統領の発言や真柱後継者の行動、様々な資料で明らかだ。
 しかし、礼拝の形式などは教祖、本席が存命中から引き継いでいる部分がかなりあるのではなかろうか。
 これを、全否定してしまうと・・・どうして良いかわからなくなる。
 礼拝の基本は、「一礼、四拍手、一拝、四拍手、一礼」・・・これを否定されたら、これからどうすれば良いのだろうか。

 まず、天理教の初期国家の介入があり、教えが曲げられたのは事実であるが、礼拝の形式が間違っているかといえばそうではない。
 国家神道・・・・実はこの言葉、戦,後盛んに用いられているが、天理教に国が介入した時期に置いては『国家神道』として体系づけられたものはなかった。
 維新から大正・昭和にかけて国家統制のために段階を経て神道を国家が利用し、そのとばっちりが天理教に影響したのである。神社も『神仏分離令』や『神社合祀政策』で酷い目に遭っている。
 従って、祭祀について拾い出したコメントで『国家神道』云々は的外れの部分があると思う。

 神道の礼拝形式(祭祀)は『国家統制・国家神道』のために作られたものではない。
 (やり方を統一した部分はあるが)
 遙か古(いにしえ)から日本人が伝えてきたものである。
 天理教自体も日本全体から見れば、大きな霊性の流れの一つである。
 天理教人はこの辺のことがよく理解できていない謂わば『井の中の蛙』である。

 例えば、
 天理教の
 「あしきをはらうてたすけたまへ てんりわうのみこと」
 は、神道の
 「祓え給い、清め給え、国常立尊」
 と同じである。

 「一礼、四拍手、一拝、四拍手、一礼」も。
 左手をちょっと前に出すとか。・・・これは正解

 神饌
 神饌とは、御饌(みけ)とも言って、お祭りなどで神に献上する食事のこと。神に食事を差し上げて感謝申し上げ、そのお下がりを参列した人たちでいただく。
 神職・会長の食い扶持ではない!

 各天理教会の社(おやしろ)
 「親神」「教祖」「御霊」の三つの社で祀り問題はない。
 祭りの度に降神・昇神・・・問題はない。
 親神のふところ住まい・・・に反するようだが、神社の天照大御神も昼間は太陽として天上にあるけれど祭りの度に社の扉を開けたり閉めたりする。

 その他諸々・・・・・

 気になるのは天理教の地鎮祭
 天理教本部の祭儀委員会編の『おつとめ及び祭儀式』を見ると降神・昇神がない。
 これは、大間違いである。

 まあ、色々書いてきたけれど、この辺のことは所謂『霊能者』でないと正しい判断はできない。
 たまたま、私は少しだけその能力があるので、今まで書いてきたことを信用してもらいたい。
 儀式を整理してあげても良いが、要らぬお世話であろう。
 お地場にしても、宝の山なのに勿体ない話である。

 参考
  ⇒ こんな実験もしています。 甘露台の縮小モデル
  ⇒ 甘露台の小石
記事へトラックバック / コメント


孫が家に帰ってきた。

2018/12/05 22:32
 孫(長男の第1子)が産まれて家に帰ってきた。
 婆さん80才と孫生後6日
画像

 日本語は面白くて、家族の中でのお互いの呼び名を、一番小さな者を基準に呼ぶ。
 この子が産まれたので、婆さんは大きい婆さんだろうか?
 妻は母さんからお婆さん
 ワシはお父さんからお爺さん・・・ワンランクアップ
 考えて見ると面白い風習だ。
 私は妻を「お婆さん」と呼ぶことになる。
 ぅうん〜〜・・・色気が一つもなくなったようだ。
 でも、家族の中でのそれぞれの責任が明確になるような気もする。
 長男・・・新「お父さん」には頑張って一家を支えてもらわねば。
 ワシも新「お爺さん」と呼ばれれば、次の世代に引き継ぐことを考えなきゃと自覚が湧くような気がする。

 長男夫婦は子供の誕生と一緒に、アパートを引き払い我が家へ帰ってきて離れに住む。
 それにあわせるように、次男がアパートを見つけて引っ越した。
画像

 2年前、鳥大を出て出雲の会社に就職したけれど、アパートがやっと見つかった。
 時間は掛かるが通えない距離ではないし、二階の部屋も空いているので居候している方が楽だと思うのだが、次男は次男の考えがあるのだろう。
 ワシとしては、賑やかな方が好きなので居候でも別に良いのだが。

 時間と共に、様々なものが変化して行く。
 幸せもその時その時で変化して行く。
 柔軟な姿勢でいないと目の前にある幸せを見逃してしまう。
 赤ん坊は人生がはじまったばかり、婆さんは人生の終盤、消えゆく者が優しいまなざしを注いでいる。
記事へトラックバック / コメント


サウジアラビア と 瀬織津姫(比賣)

2018/12/02 23:58
サウジアラビア、2018年11月30日 メディナ州では、致命的な洪水が発生しています。


画像
画像

 祓へ給ひ清め給ふ事を 高山の末 短山の末より 佐久那太理に落ち多岐つ 速川の瀬に坐す瀬織津比賣と言ふ神 大海原に持ち出でなむ

 はらへたまひきよめたまふことを たかやまのすゑ ひきやまのすゑより さくなだりにおちたぎつ はやかわのせにますせおりつひめといふかみ おほうなばらにもちいでなむ 

 こうして祓い清められた全ての罪は、高い山・低い山の頂から勢いよく流れ落ちて渓流となっている急流にいらっしゃる瀬織津比売と呼ばれる女神が大海原に持ち去ってくださるだろう。

 どうして、サウジアラビアが瀬織津姫により濁流(さくなだりにおちたぎつ)で祓い清められないといけないのか。
 イスラム教をかじってみると、クルアーンの中に救いようのない記述を見ます。
 芹沢光治良は著書にイスラム教についての次のような文章を残しています。

 ⇒ マホメット教は、親神の教えではないのだ 芹沢光治良

 サウジアラビアにはイスラム教最大の聖地メッカがあります。

 親神としては、あの砂漠を祓い清めたいのでしょうか。

 それにしても滝沢泰平(天下泰平)氏の瀬織津姫・・・・・どう考えても狂ってますね。happyちゃん 旺季志ずか先生も

 ⇒ 滝沢泰平 氏 今更 テラヘルツ ですか? インチキ商売は止めましょう。
記事へトラックバック / コメント


突然ですが、初孫が産まれました。めでたい! めでたい!

2018/12/01 23:00
画像


 スピ系 子宮系 に文句を言っている間に初孫が産まれました。
 
 58才にして じいさん!

 近所の小学生に「じじぃ」と言われて怒っていたのに・・・本当の「じじぃ」になってしまった。

 っまぁ〜 ほんと 手放しで可愛いですね。

 責任は父母である息子夫婦にまかせて、ワシは単純に可愛がるだけで良いような。

 スピ系 子宮系 の姐(あね)さん達も 自分婚「自分と結婚式」なんて 悪魔の儀式から目を覚まして、大国さんにお願いしたらいいのにね。

 
大国主命に扮する王仁三郎
画像
記事へトラックバック / コメント


スピ系 子宮系 と 瀬織津姫

2018/11/30 21:40
 瀬織津姫(比売) は
 祓戸四柱の神 (大祓詞)
 瀬織津比売(せおりつひめ)、速佐須良比売(はやさすらひめ)、速開都比売(はやあきつひめ)、気吹戸主(いぶきどぬし)
 祓いを司る四柱の神の内の一柱

 言霊
 瀬:せ・・・・・川の流れの速いところ 反対語は淵:ふち
 織:おる・・・・・織は借字でもとは下:おりる
 津:つ・・・・かさなるようにあふれ出る
 姫:ひめ・・・秘め:背景から支える

 怒濤の水の流れで、汚穢を流してしまう女神。

 今、世界各地で大雨が降り濁流が大海原へ何もかも流してしまう。
 まさに、この働きが瀬織津姫の御発動と謂うことであろう。
 この働きにより地上に汚れが積もることがない。

 以上のことは、大祓詞をお唱えしたことがあれば自然とわかることである。

 参考 ⇒ 霊界物語 第39巻 出口王仁三郎 ちょっと難しいゾ。

 ところが、瀬織津姫をGoogleで画像検索すると全く滅茶苦茶である。

 ⇒ Google 画像検索
 
 全世界で瀬織津姫の御発動と謂うときに・・・酷い状態だ!

 スピ系子宮系・・・いずれは祓い清められる。

 この大和に生まれ言霊を解さぬ哀れな人々である。

神素盞嗚大神に扮する出口聖師
画像
記事へトラックバック / コメント


スピ系子宮系・・・こんなこと言ってる場合か。中東が更に大変なことになっている。

2018/11/29 23:44
 トルコ南西部 15分前
画像




日本は精神的に荒廃しているが、中東はどうなってしまうのか?
記事へトラックバック / コメント


スピ系・子宮系 バチがあたるぞ!! 2

2018/11/28 00:03
 『happy』氏と『子宮委員長はる』氏の悪事を神事の面から見てみよう。

 両氏とも神社に多額のお金を供えしている。
 その際『祈祷』が行われる。

 神道の祈祷は普通下記のように進む。
 祈祷次第
 ・打鼓
 ・修祓
 ・斎主一拝
 ・献饌
 ・祝詞奏上
 ・玉串奉奠
 ・斎主一拝
 ・撤 饌
 ・打 鼓
 問題となるのはこのうちの『修祓:しゅばつ』
 『修祓』・・・お祓いのこと。

 お祓いの手順
 大麻(おおぬさ)の前にて神職が拍手、『祓詞』が唱えられる。
 その大麻を持って左右左と振って各所対象・人を祓う。

 そこで唱えられる『祓詞:はらえことば』
 ここでは、天津祝詞を例に示す。

 ---- 天津祝詞 ----
 高天原に 神留坐す
 神漏岐 神漏美の 命以ちて
 皇親神伊邪那岐の 大神
 筑紫  日向の  橘の  小門の  阿波岐原に
 禊祓ひ 給ふ 時に  生坐せる  祓戸の大神等
 諸々禍事罪穢を  祓へ給ひ  清め給ふと  申す事の由を
 天つ 神  地つ 神  八百万神等共に
 天の 斑駒の  耳振立て  聞食せと
 畏み 畏みも 白す

 たかあまはらにかむづまります
 かむろぎかむろみのみこともちて
 すめみおやかむいざなぎのおおかみ
 つくしのひむかのたちばなのをどのあはぎはらに
 みそぎはらひたまふときにあれませるはらえどのおほかみたち
 もろもろまがごとつみけがれをはらへたまひきよめたまふとまをすことのよしを
 あまつかみくにつかみやほよろづのかみたちともに
 あめのふちこまのみみふりたててきこしめせと
 かしこみかしこみもまをす

 大意
 神漏岐神漏美:かむろぎかむろみ とは 陰陽二系を司る神々
 その命令で いざなぎのみこと が禊(みそぎ)をしたときに出現した祓戸の大神等:はらえどのおほかみたち(祓戸四柱神、瀬織津比売、速秋津比売、気吹戸主、速佐須良比売 せ おりつひめ、はやあきつひめ、いぶきどぬし、はやさすらひめ)に、罪穢れをお祓い下さい。
 とかしこんで申し上げる。

 さて、大変前置きが長くなってしまったが、何が問題か。
 『happy』氏と『子宮委員長はる』氏ともに、神の秩序を乱し、陰陽二元二系の働きを阻害している行動をしているのに。悪事である。
 それを改めることも考えずに、お祓いを受けている。
 さらに『happy』氏に至っては『瀬織津守り』なるものを販売している。

 謂わば神の言うことが聞けないのに、神にお願いしている。
 これでは、バチが当たることになる。
 『happy』氏は自分の作った『瀬織津守り』(はらえどのおほかみ)に祓われてしまう。
記事へトラックバック / コメント


スピ系・子宮系 バチがあたるぞ!!

2018/11/26 23:46
 Yahoo!知恵袋より
 問い バチが当たるの「バチ」の意味を教えてください
 答え 「バチ」は「罰(ばつ)」という漢字の呉音の読み方で、神仏が下す悪事をこらしめるための報いの意味です。

 スピ系・子宮系 に『バチ』は当たるのか?
 『happy』氏と『子宮委員長はる』氏を例に見てみよう。
 まず、「神仏が下す悪事をこらしめるための報い」の「悪事」とは何だろう?

 大祓詞等を読むと
 「禍事罪穢」・・・まがごとつみけがれ・・・のことと解釈できる。
 「禍事・禍言」・・・まがごと・・・曲がったこと・・・神の意に沿っていないため・・・凶事・災難・それを呼び込む言霊・物事がうまく行かない・・・など
 「罪」・・・積み詰み・・・神に背いた行い。つみかさなって動きが重くなり沈んでゆく・・・など
 「穢」・・・気枯れる・涸れる・・・元気がなくなる、ものごとの調子がでない

 天つ罪・国つ罪・・・Wikipedia
 神話の話なのでちょっと難しい。

 総括すれば、
 「悪事」・・・神の意に沿わない考え方や行為
 「こらしめるための報い・バチ」・・・病気や周囲との関係の悪化・・・凶事・災難の発生
 こんな感じか。

 では「神の意」とは
 古事記より
 この漂へる國を修理め固め成せ このただよへるくにを をさめかためなせ
 この漂つている國を整えてしつかりと作り固めよ
 どうするのか
 イザナギ・・・陽 イザナミ・・・陰 の力をもって 天の沼矛 で世界をかき鳴らす。
 グチャグチャだったものが、整理され、霧が晴れるように、秩序をもたらす。
 ということ。

 世界はイザナギ・イザナミの働きで秩序される。
 ・・・二元の働き
 陰陽・男女・プラスマイナス・大小・高低・遠近・貴賤・霊体・・・・・・
 「神の意」:イザナギ・イザナミのちから(力:霊ら)を使って世界を整えて行きなさい。
 ・・・これに逆行するのが「悪事」

 『happy』氏と『子宮委員長はる』氏 は悪事を働いているのか?
 私は、悪事を働いているように見える。
 『happy』氏は秩序を乱し、『子宮委員長はる』氏は二元(男女)の働きを乱している。
 『バチ』は神が当てるのではなくて、当人達が『バチ』の方へ歩いて行く。
 既に『バチ』が当たっているように見え、これから当たるようにも見える。

 神はいつでも助けようと働く。
 『バチ』もやはり神の矯正しようとする働きである。
 次は『happy』氏と『子宮委員長はる』氏の悪事を神事の面から見てみよう。

 関連 ⇒ 壱岐の『月讀神社 』について調べた。
記事へトラックバック / コメント


日常の風景

2018/11/25 21:45
 阿太加夜神社
 御祭神 大国主命御子神 阿太加夜奴志多岐喜比賣命
画像

 彩雲か光冠か
画像

 磯菊が勝手に交配して薄ピンクの素敵な小菊
画像

 ハナアブ メタリックなえんじ系の配色が渋くて良い
画像

 クサガメの『あさぬま』は寒くなり水中から出てきません。これはイシガメの『とこなめ』クサガメより寒さに強いようです。天気が良いと甲羅干しをしています。でも、餌はもうたべなくなりました。
画像
記事へトラックバック / コメント


壱岐の『月讀神社 』について調べた。

2018/11/23 23:54
 スピ系・子宮系の信仰の厚い 壱岐の『月讀神社 』について調べた。

 神社の由緒は、古い時代のことであり、はっきりしたことがわからないことがよくある。明確にわからないのが普通かもしれない。
 ネット上にある情報や私の経験から考えるにかなり怪しい部分があるとみる。
 まず、神社の元締とも言える神社庁の情報は。
 長崎県神社庁 ⇒ 月讀神社 中月夜見命・左月弓命・右月讀命 無格社
 となっている。
 壱岐の月讀神社が全国の月讀神社の元宮だとのこと。その神社が『無格社』・・・これはあり得ないだろう。少なくとも壱岐国壱岐郡を本貫とする古代氏族、壱岐氏の信仰(祖神)を受けていたならば『村社』ではあるはずだ。
 註:『無格社』とは、法的に認められた神社の中で村社に至らない神社、正式な社格名ではなく、社格を有する神社と区別するための呼称である。神社の資格がないという意味ではない。
 『村社』とは、市町村から奉幣を受けた神社。

 『月讀神社』・・・名前について
 ⇒ 玄松子『月讀神社』より転載
 『神社明細帖』に「月読神社、但式内無氏子。勧請年月不詳。社地一反八畝十四歩半」、 『壱岐国神社田畑帳』に「月読神社、廿四座之内、畑方三舛蒔村中より小祭り有り」と記されている。
 延喜式巻十に「月読神社名神大」とあり、また『三代実録』二巻にも貞観元年(八五九)正月二十七日「壱岐島従 五位下海神、住吉神、兵主神、月読神、並従五位上」とあり、月読神社が従五位上に叙せられているのを見るこ とが出来る。『神社帳』も「当社ハ嵯峨天皇之草創而所載延喜式に壱岐国二十四座之内壱岐郡国分村月読神社名神大」 としている。
 しかしながら、『特撰神名牒』は「今按延宝の調また明細帳、長崎県式内社記ともに国分村にありとす、神社 考に国分邑深渕の岸の上山端に山の神と称するあり、この深渕(ふかふち)を訛りて「ふかつき」と云り、其渕今埋りて猶水の溜 れる渕の跡あり、きよつきとも云ふ。延宝の時きよつきの名に因て月讀神社と定む、然れとも延宝以前社なか りしほどなれば式社にはあるべからずと見え、式社沿革考に式社累考に箱崎邑と記せしや正しからむ其は内殿の 棟札に『箱崎八幡宮壱岐国壱岐郡月読宮釣瓶荘潮安郷奉造内殿一宇大宰大弐兼筑後守藤原景資』右の傍に『正慶元年』左の傍に『壬申 八月五日』大宮司云云伊岐末茂云云とある文による時は月読神社は箱崎村宗社八幡宮と御同殿にます神ならん、 箱崎邑釘丘郷天月の里に天月神社あり是其古社なるべしと云る證ありて聞ゆれば箱崎邑と定めて可ならん」と記している。
----------------ここまで
 要は
 国分村の深渕の岸の上、山端(はし)に山の神(祠)があり、この深渕(ふかふち)をなまって「ふかつき」と言い、
 その深いふちが土で埋まっても、なお水のたまる渕の跡があり、きよつき(ふち⇒訛り⇒つき)とも言うようになり。
 延宝(1673年〜1681年)の時「きよつき」=「清月」の名から月讀神社と呼ぶようになった。・・・らしい。
 本来の月讀神社は男岳山(オンダケ山)にあったが山を下り
 現在の 箱崎八幡神社 (旧名:式内社村社 壹岐嶋壹岐郡 月讀神社 名神大)である。
 鎮護として八幡宮をお迎えしたため神社名が月讀⇒八幡に変わった。
 整理すると
 山の神 ⇒ 月讀神社 
 月讀神社 ⇒ 箱崎八幡神社 月讀神社:天月神命
 ということか。

 御祭神について
 箱崎八幡神社は
  ・八幡宮 応神天皇 中津姫命 仲哀天皇 神功皇后
  ・海裏宮 豊玉毘古命(豊玉姫命) 玉依姫命
  ・月讀神社 天月神命
  ・高御祖神社 高産霊尊
  ・別殿 天一柱神 烏賊津連 武内大臣 乙魂神
 箱崎八幡神社の月讀神社御祭神:天月神命は厳密にいうと月夜見のみことではなく
 『あめのつきがみのみこと』のこと。
 天月神命:天神。系統不詳で饒速日命に従って天降った三十二柱の高皇産霊尊からの防衛(ふさぎのもり)の一人。壱岐県主(あがたぬし)等の祖神。

 一方、月讀神社は
  ・中 月夜見尊
  ・左 月弓尊
  ・右 月讀尊
 所謂 『ツキヨミノミコト』

 天月神命、月讀尊ともに月の神ではあるけれど、記紀その他に記載が少なく男神だと思われるが、それすらはっきりしない。
 神名的にみれば
 ツキヨミ ・・・・ 月をよむ(見るとか読むとか夜になる)・・・消極的
 アメノツキガミ ・・・・ 高天原で月を動かす・・・活動的
 となる。 

  月讀神社HP
 月読神社縁起によると
 顕宗天皇3年(487年)阿閉臣事代という官吏が天皇の命を受けて朝鮮半島の任那に使いにでる。その際に人に月の神が神がかりしまして「土地を月の神に奉納せよ、そうすればよい事があろう」という託宣があった。
 原文は
 阿閉臣事代に月神が憑いて高皇産霊をわが祖と称し、「我が月神に奉(たてまつ)れ、さすれば喜びがあろう」
 この月神は『高皇産霊』を祖(おや)としているので『月讀尊:ツキヨミノミコト』ではなく『天月神命:アメノツキガミノミコト』である。
 しかし、現在の月讀神社の御祭神は『月夜見尊 月弓尊 月讀尊』の三柱である。
 由緒書が本当だとしたら、つの間にか御祭神が天月神命から替わったことになる。
 今の神様はどこからおいでになったのだろうか?
 これは非常に不可解である。
 ・・・まあ嘘とは言わないが怪しい。

 神社の名前や御祭神はその時の流行で変わってゆく、全国に八幡、稲荷、諏訪、天神・・・沢山あるが元々はその土地にあった神社に霊験を頼んで勧請したものである。

 神は人の敬によりて威を増し 人は神の徳によりて運を添ふ 「御成敗式目」

 いかなる神も人間の崇敬をうけてこそ、その御威光を輝かすのであり、御神意を高めるのは人の敬の力である。その人が人としての運、人としての生命を与えられるのは、神の徳によってである。

 人の敬の力があれば、いかなる神もそれに答えて下さる。
 さて、月讀神社はどうであろうか。

 嘘をつくとバチが当たるぞ!!
岡本天明 月神
画像
記事へトラックバック / コメント


40行のひとりごと 中島みゆき 『十段階』 で思ったこと。

2018/11/16 22:03
画像

 看護婦さん・・・教祖 中山ミキさんに
 天理教を
 あなたは十段階で問われ、答えなくてはならない。
 自分は9だけど本部は3・・・だとか・・・

 神様はいろいろな注射をあなたに提示してみせる。
 中山 善司 真柱 もその一本
 中山 大亮 青年会長 もその一本
 中田 善亮 表統領 もその一本
 青年会総会の肉Fes! もその一本
 ・・・・

 ある人にとっては みんな 0
 ある人にとっては みんな10

 いちばん幸せなときを10としたら 今いくつか

 記憶力のいい腹の虫 ・・・・ あなたの『魂・たましひ』
 『魂・たましひ』はあなたの想像できない過去から遙か未来を知っている。

 あのマイナス・・・今の天理教

 あのマイナスを経て原石が光りだすのを 天(そら)は待つ

 わたしたち一人ひとりが原石なんですよ。
 光り出すのを・・・
記事へトラックバック / コメント


中東が大変なことになっている。

2018/11/14 23:17
 中東から発信されているTwitterを見ると
 雹が川になっている。
画像

 ラクダはこの激流を泳げるのだろうか?
画像

 雨の中を走る人達
画像

 砂漠に降る大雨
画像


 中東の気象に詳しくないのだけれど、これは明らかに異常な事態。
 ヨルダンで、日本人を含む観光客が大雨により発生した土石流から避難する事態となったニュースがあったが、それどころではない。
 日本もこれからどうなるのだろう。
記事へトラックバック / コメント


『happyちゃん』は無責任

2018/11/12 23:42
 スピリチュアル系に興味のない人はスルーしてください。
 『happy』氏が企画運営された壱岐島での『縄文祭』が,、その非常識な行動故に波紋を呼んでいる。
 結局『縄文祭』なるものの計画や後片付けがいい加減で、市と県はイベント運営側に全責任を持って傷つけた芝生や地盤の原状回復を指示をしている。

 ことの問題はどこにあるのだろうか?
 『happy』氏が”壱岐観光大使”に就任したことにある。
その壱岐市観光大使設置要綱 ⇒ HP
 を読むと
 第4条(任務)
 大使は、各々の地域及び職域において、壱岐市の観光宣伝に努めるとともに、壱岐市の観光振興やまちづくりについて提言を行うものとする。
 第6条(経費等)
 大使としての活動は、ボランティアによるものとする。

 とある。
 一般の常識人であれば、この要綱に沿って活動をするであろう。
 であれば『縄文祭』のような騒ぎにはならない。

 しかし、世界は自分で創る『happy』氏の夢は・・・・ 
 ⇒ tsuki no Utsuwa project 
 ディズニーランドのような夢を思い出して人々が”ワクワク”してたまらない場所とライオンキングやオペラ座の怪人のような、世界に愛され、ブロードウェイで上映されるようなミュージカルを今回産み出す予定です。
 どちらも世界的な、歴史に残るものになります。
 もちろん、まだ”そうなって”はいないけど
 私の意識の中で”それら”は確信的に既に在る。
 今回は、そんな夢の首謀者たちを募る一世一代の大プロジェクト。
 日本は世界の雛形。
 壱岐は日本の縮図。
 中心点であるその”壱岐”に息吹きの風を吹かせることで
 『わたし』と『世界』の目醒めを起こす。
 らしいです。
 (支離滅裂、住人にとってはたまったものではない)

 従って『縄文祭』は
 第4条(任務)なんてそっちのけ、地元の人のことなんてまるで無視
 好き勝手のし放題
 終わったらすぐさま海外旅行・・・
 これが ”壱岐市観光大使” ・・・全く無責任。
 子供じみている。

 さて、これからも”壱岐市観光大使”の使命をまっとうするのだろうか?

 壱岐市観光大使設置要綱
 第3条(任期)大使の任期は設けないこととする。ただし、本人から辞退の申出があった場合はこの限りでない。


 ということは、本人が辞退しないかぎり居座り続けられるのだろうか?

 『happy』氏は・・・世界は自分で創る・・・ので、地元の意向なんて考えていない。
 地元の意向なんて聞いてたら・・・自分で創ることにならない。
 『happy』氏の行動に、驕り高ぶった高慢な姿勢が見て取れる。

 まず実行しなければならないのは、市長の任命責任の追及
 市長がスピ系・子宮系の危険性について無知で、脇が甘い。
 ちょっと年取ったかわい子ちゃんぐらいにしか思っていないだろう。

 続いて、『happy』氏の、”壱岐市観光大使” 解任
 または、自主的な辞任だろう。
 理由は十分。

 このような一般常識の通用しない輩は即切ってしまうのが得策だろう。
 人を見る目のない市長は猛反省が必要だ。
 そうしないと、同じことを繰り返すことになる。
 壱岐市民が不幸 『unhappy』 になる。

 関連 ⇒ スピ系・子宮系 バチがあたるぞ!!
     ⇒ 壱岐の『月讀神社 』について調べた。
記事へトラックバック / コメント


日常の風景

2018/11/02 22:52
 今朝の虹
画像

昨日タマネギを植えた。苗と苗の間が狭いように見えるが玉太りを抑えるため。
画像

不思議な雲 ちょっとだけ彩雲化している。
画像

不思議な雲とUFO?
画像

円弧状の雲が出ていたので撮影したら白い球状のUFO?久しぶり。
・・・日常の風景

 ⇒ UFOコンタクティ
記事へトラックバック / コメント


天理教本部の「ひな形甘露台」が倒されてから一年と三ヶ月

2018/11/01 00:30
 天理教系の掲示板等をみていて気になったことがある。
 中山ミキ・ぢば を全否定する意見だ。

 天理教では
 “親なる神様”によって人間が創造された地点「ぢば」
 と雛形甘露台の立っている地点を説明する。

 中山ミキ:『おふでさき』に
 17.009 にんけんをはじめかけたるしよこふに かんろふたいをすゑてをくぞや
 人間を創めかけたる証拠に 甘露台を据えておくぞや
 とある。

 人類学では人類が発生したのはアフリカで、彼の地から世界へ展開していったと説明する。
 化石、遺伝子・・・・・
 すると、中山ミキに降りた神は嘘を言った・・・書かせたことになる。
 『もとはじまりの話』泥海古記・・・も荒唐無稽な嘘話か?

 科学技術に汚染されてしまった私たちはそう思っても仕方がない。
 なるほど、土の中から出てくるものを年代を追ってつなげてみるとそのように見え、それを科学的と言う。
 が、しかし、では、なぜそうなのかを説明できるのか。
 ・・・とどのつまり、あなたはなぜいるのか?
 なぜアフリカから何年もかけてテクテク歩いたり舟に乗って大陸の端の島嶼へやってきたのか?
 (日本人がどこから来たか、いまだにわからないという興味深い話もあるが)

 偶然か?

 ここで、分かれることになる。

 偶然と思う人と、神が人間を創ったと思う人
 科学的な人と、信心深い人 (ちょっと極論だが)
 私としては、あなたがどう思おうとかまいやしない。
 しかし、その思うところで起きる結果を自分で引き受けてもらいたい。

 私は信心深いので
 「泥海の世界に、二人いるばかりでは、神と言って、敬ってくれる者もなし、なんの楽しみもない。人間というものを、こしらえて、その陽気暮しをするのを見て、ともに楽しみたい」
 を信じて行動している。
 自分なりの『陽気暮し』を実践している。

 人間が偶然の産物だと思う科学的な人は、どう思って行動するのだろうか。

 中山ミキ・ぢば を全否定する人達
 天理教(中山教)は崩壊の危機にある。
 中山家に対する憎しみで、ミキの教えを曇らせてはいけない。
記事へトラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

ひきのエフェクトのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる