石棒の実験

 3年前ヤフオクで縄文時代の遺物『石棒』を手に入れた。 ⇒ 石棒 - Wikipedia
 東北地方で出てきた物だ。
 本物・・・?
 出品者は本物と言っているが、ノークレーム・ノーリターンが条件
 損をするか得をするか、当然私の目利きに掛かってくる。
 まあ、たぶん、本物?だと思う。
 これが写真
画像
 長さが385㎜ 太さが太いところで75㎜ 大型である。
 両サイドが平たくなっていて左側がちょっと凸右側がちょっと凹
 左側
画像

 右側
画像

 手に入れてから3年間ずぅ~~と考えてきた。
 どう使うのか。
 答えは これ
画像

 石棒を縄・・・今使っているのはアケビの蔓・・・で細くなっているところを縛り吊す。
 木の棒を同じように吊して並べる。
 そして木の棒でたたく。
 すると、左側の凸から『氣』が飛び出す。
 石棒はたたいた後もしばらく『氣』を放出ている。
 余韻のように石棒が振動しているようだ。
 これで、石棒の物性のような物は分かった。

 次に、実用性だが・・・これは全く分からない。
 作った人?に聞いてみたいが・・・たぶん5,000年前ぐらいに死んでいる。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック