嘘から始まった2020東京オリンピック

 たまたまテレビを点けたら、2020東京オリンピックのことをやっていた。
 BS日テレ - 「深層NEWS」東京五輪炎天開催どう耐暑 鉄道混雑渋滞どう対処
 その中で、東京都がオリンピック招致のために出した2020年第32回オリンピック・パラリンピック競技大会の開催に関する東京の立候補ファイル・・・なる物を提示。
 なんとそこには・・・ちょっと長くなるが引用
-------------------------------
 2020年東京大会の理想的な日程
 東京での2020年オリンピック競技大会は7月24日(金曜日)の開会式に続いて、7月25日(土曜日)から8月9日(日曜日)までの16日間で開催し、閉会式は8月9日(日曜日)に予定する。また、パラリンピック競技大会は8月25日(火曜日)から9月6日(日曜日)までの開催を予定する。
 この時期の天候は晴れる日が多く、且つ温暖であるため、アスリートが最高の状態でパフォーマンスを発揮できる理想的な気候である。また夏季休暇に該当するため、公共交通機関や道路が混雑せず、ボランティアや子供たちなど多くの人々が参加しやすい。さらに、この時期は日本全国で伝統的な祭が多く開催される時期であることから、祝祭ムードが漂っている。また、重要な点として、この開催期間は他の大規模な国際競技大会とのスケジュールと重複しておらず、東京においても大会開催に影響を及ぼすような大規模イベントの開催を予定していない。
-----------------------------------
 本物はこちらで読める ⇒ リンク 

 温暖であるため、アスリートが最高の状態でパフォーマンスを発揮できる理想的な気候
 温暖・・・とは何度のことだろう?
 昔から日本の夏は暑くて・・・最高の状態でパフォーマンスを発揮できる理想的な気候・・・だったことはない。

 日本はオリンピック招致のために国際社会に対し大嘘をついている。
画像
 この写真のメンバー全員・・・大嘘つきである。
 大嘘つきの・・・ お も て な し

 このテレビ番組に 青山 佾(やすし) 氏(元東京都副知事、明治大学公共政策大学院特任教授)が出ていたがヘラヘラと話をはぐらかすばかり。

 嘘から始まった2020東京オリンピック・・・
 これで成功するのだろうか?
 今までメインスタジアム
画像
 ロゴマーク
画像
 雨降りの安部マリオ
画像
 など、いろんなことでバチが当たってきたがここの所の酷暑・猛暑・烈暑・暴暑・逆走台風 な天候もバチが当たる前触れかもしれない。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック