検索ワードは『沖縄 さとうみつろう』・・・大丈夫かな?

 最近、過去記事で「さとうみつろう」氏の記事にアクセスが多くなっている。

 検索ワードは『沖縄 さとうみつろう』

 調べてみると、

 『琉球から地球へ 女性500人の 祈り』 なるイベントがあるようだ。・・・これが話題になってるのだろう。


 「日本中から沖縄に 集う女性たちの祈り」・・・で

 12月22日(冬至)に、日本中、世界中の女性500人が祈るそうだ。

 琉球王国の中心地首里城からいのりを捧げることで宇宙へとエネルギー(感謝の念)を還してゆく。・・・らしい。


 いのりとは?

 -------引用-------

 「いのり」とは、日々の恵みに感謝すること。そして「いのり」とは、願いを超えた、自分との約束・世界への誓いであると私たちは考えています。

 命を産み出し、命を育む女性たちが、「いのり」を通し、命の尊さと、女性としての存在の輝きを改めて思い出し、日々の営みの中にこそ宿る根源的な豊かさや安らぎ、確かに躍動する命の力に還ってゆく時間にしたいと思っています。

 『手を合わせ、心を合わせ、今ここで、いのちを合わせよう』

-------引用ここまで-------


んっまぁ~ 酷い文章だ意味がわからない。

祈りを何に対してするのか?

世界?地球?宇宙?


 ”「いのり」とは、自分との約束・世界への誓いである”

 のに

 ”宇宙へとエネルギー(感謝の念)を還してゆく”

 でも

 ”命の力に還ってゆく”


 都合のいいキラキラワードの羅列で・・・

 メチャクチャである。


 この宣伝に使われている。


 新聞やニュースを見ると時事的には『沖縄はコントロール不能』・・・みたいな感じだが。


 blogの中身もまた酷い。

 科学的にかいてあるが、全く噴飯物である。

 前に『さとうみつろう氏』を何回か取り上げて、彼が科学的な知識が全くダメ・・・理科が0点なことをかいてきたが、 今度の文章を読むと病状が悪化している。

 科学的な解説もメチャクチャだが文章も支離滅裂となってきた。

 なぜだろうか?

 『さとうみつろう氏』の周りに『間違ってる』と正直に助言してくれる友人なりスタッフがいないのだろう。いても耳がなくなった。・・・楽しそうに見えるが実際は孤独だろうなぁ~



 以下 blogの間違いを指摘してみたけれどあまりにも多くて・・・馬鹿らしくなって途中でやめた。

 網戸に、ほこりが付いているとしよう。すると、風が入る時に、このホコリのせいで、空気が「わずかに乱れる」。

 これは網とホコリのせいだろう。


 「乱れ」が初期値なら、「乱れたまま」大きくなる。

 「整い」が初期値なら、「整ったまま」大きくなる。

 と言っておきながら

 「乱雑さは、拡がる」というワード

 じゃあ

 「整いも、拡がる」というワードは???


 「乱雑さは、拡がる」というワード

 ・・・間違ってるんだよなぁ~わかるかなぁ~

 エントロピー増大の法則・・・は「乱雑になる方向に変化する」

 閉じた系で話をしないとダメ。

 イラストで違う部屋を比較している。


 初期値の「乱雑さ」は拡がり、大きな混乱を迎える。

 それが、カオス理論。

 違う

 カオス理論は、ほんのわずかに初期条件が変わるだけで結果に大きな差が起こる現象。


 まぁ、そんな難しい話しはぜんぶ蹴っ飛ばしたとしても、掃除したら気持ち良い空間が拡がるよね~ってことは分かるだろう。・・・・?????

 これがジェット気流 250 hPa さとうみつろう氏はこの流れを本当は知らない。


画像

 これが海流 さとうみつろう氏のイラストは前時代的

画像

 琉球と関係ない。



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック