日本・外国人労働者と世界の破綻

 外国人労働者の受け入れを拡大する、改正出入国管理法が成立した。
 政府は認めないが、事実上の移民受け入れに舵を切った事になる。
 厳しい批判の声が上がっているが安倍首相はなんとも思っていないようだ。

 キチガイ沙汰だ。先日も若い人と話したが、例えば文科省

 今まで日本人を教育してきたけれど、子供も作らない、役に立たない人間ばかり育ってしまったので、これからは 海外で教育を受けたやる気のある外人に仕事をしてもらう。

 ってなことだよと。

 前から言っているが、文科省は「クル・クル・パー」あれだけ沢山の学習塾を経済産業省に作らせといて、学校の先生は働き過ぎだという。
 先生自身も忙しすぎるらしい。
 ?????

 まあいいとして、このままでは世界が破綻する。

 これからは、荒唐無稽な話である。・・・気にしないで欲しい。
 日本の国柄は、縄文文化と稲作文化が融合し弥生文化が形成され今日の形が作られた。
 たぶん三千年ぐらいの歴史があり、その時点からほぼ純血を保っていると思われる。
 それから島国である故、一番古くからある民族であろう。
 (日本人について、血統的にDNAなど見ると実際はどこからどう来たかいまだに不明だという)

 明治になって時代が変わり、富国強兵、列強に対抗するため領土拡大にあわせ、朝鮮族と台湾(漢族系)を日本人にしようとした。同化政策・・・混血
 しかし、大東亜戦争の大敗北でダメになった。

 様々な神示本を読むと・・・神は日本人が混血することを嫌うように読める。
 ひょっとすると日本人の純血を守るように、時代は動き動いていくのかもしれない。

 ・・・であるなら、安倍首相のこの決断で、これから天変地異・環境崩壊・経済破綻・などの大混乱が始まるきがする。・・・東条英機が昭和天皇の思いに背いた時のように。
 ・・・否もう始まっているのだが。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック