『井上正康先生に訊く!『新型コロナ』疑問、質問 と 『ひふみ神示』

 松田政策研究所チャンネル
 特番『井上正康先生に訊く!視聴者からの『新型コロナ』疑問、質問に答えま!』ゲスト:大阪市立大学名誉教授 井上正康氏
 を見ましょう!


 何回も書きますが、日本社会は今異常です。
 どう考えても『新型コロナ』は日本人にとってはただの風邪です。
 『新型コロナ』のおかげで死ぬ人が減っています。
 ワクチンも無意味。
 
 で『コロナ脳』にかかっている人にこれを言っても『非科学的』と一蹴されて聞いてもらえません。
 
 『米国大統領選挙』の時も私の発言は『陰謀論』で蹴飛ばされました。
 
 皆さん物事を冷静に順番に考察できなくなっているようです。
 
 半年前の安倍政権末期、『新型コロナ』を感染症2類から5類に引き下げるよう政府中枢は動いていたました。そして菅政権も引き継いだはずですが、それが否定されました。・・・これは明らかに裏に何かが存在します。
 『新型コロナ』が武漢から発生して一年以上経つのに、科学的な知見が政府から公表されません。井上正康先生の話によると様々な研究が論文として発表されているのに、政府の対策に全く反映されていません。執拗にワクチン接種を進めます。
 様々なことに『とふじん』の指図を感じます。
 菅政権は操り人形・・・
 
 このブログを読んでいる人だけでも目覚めてほしいものです。
 
 『ひふみ神示』
 今に病神(やまいがみ)の仕組にかかりてゐる臣民苦しむ時近づいたぞ、病はやるぞ、この病は見当とれん病ぞ、病になりてゐても、人も分らねばわれも分らん病ぞ、今に重くなりて来ると分りて来るが、その時では間に合はん、手おくれぞ。
 私やこのblogのいうところが分ったら。・・・今、あなたは分ってますよね?
 「分りて来る」ということは「その時では間に合はん」・・・「手おくれぞ!」ですね。
 
 あなたは一般の人と違って「手おくれ」と分ったわけですから・・・救われる側につくことができるってことですよ。

この記事へのコメント