アクセスカウンタ

ひきのエフェクトのブログ

プロフィール

ブログ名
ひきのエフェクトのブログ
ブログ紹介
日頃感じていることを綴って行きたいと思います。
引野 正之
ホームページ: ひきのエフェクト もよろしくね!
zoom RSS

井戸のポンプを更新した。

2017/08/20 00:37
 灌漑用のポンプを更新した。
 家の周りの畑用の物だ。
 最近は実験用の水も作っている。
 井戸は22.5Mの深さに打ち込んである。 
画像
 20数年前の旱魃の時、先代が井戸を掘り導入した。
 海岸が近かったので、ごくわずかに塩分があるが、普通に使う分には問題はない。
 ついでに実験用の石組をリニューアルした。
 今までは奇抜な形で個人的には気に入っていたが、何分バランスが悪くて、道路のそばだし子供がいじると危険 なので、今回はピラミッド型に積んだ。
 旧タイプ 
画像
 石組構造の詳細はおもしろいけど説明が面倒なので省くが、布留川の砂と神魂神社の裏山から採ってきた石を使っている。

 理屈は、≪ 天理市の八大龍王・・・布留川・・・おぢば ≫の関係を模している。 
画像
 八大龍王・八つ岩(磐座)が・・・神魂神社の裏山の石
 塩ビパイプが・・・布留川
 蛇口が・・・おぢば
 ⇒ 関連過去blog 甘露台の小石 
             こんな実験もしています。 甘露台の縮小モデル

 いたってシンプル、でバチ当たり。井戸を布留川の砂で埋め、石を乗せただけ。
画像
画像
 水への影響は?パワーの話は、まあ証明のしようがないのでいいとして、毒性はないようだ。この水で、20年以上この細工をして10年近く金魚が生きている。こんなに長く生きると思っていなかったので記録が無い。元気が良すぎて鱗がハゲハゲ、最近鼻の孔から藻が生えてきた。 
画像
 水を掛けた野菜が枯れることもないのでとりあえず安全であろう。
 勿論、飲もうと思えば飲める。

 旧ポンプ
 さすがにサビサビでもう限界。 
画像
 全景 
画像
 新型ポンプはインバーター制御になり水圧も高くなった。WT-P125X
 日立の浅井戸ポンプは優秀だ、20数年稼働した上に、基本寸法が同じに作られていて、交換するのに手直しが不要で大変助かる。
記事へトラックバック / コメント


赤龍雲

2017/08/18 21:18
画像
 撮影8月17日夕刻
記事へトラックバック / コメント


秋元康の教えと イエス・キリスト

2017/08/16 21:32
 妻が新聞を読んであきれていた。
 バカじゃないの?
 その新聞記事 
画像
 みなさんはどう思いますか。
 秋元康は59歳
 もう爺さんに近い・・・いい歳のおっさん。

 こればかりではない。AKB48グループや乃木坂46・欅坂46・・・・
 物凄い企画力。

 しかし、彼の企画がこれからの日本を良くして行くのでしょうか。
 彼は、
 「大人たちに支配されるな」
 「時代の片隅で僕は殺されているんだ」
 「僕は嫌だ」
 と少女たちに真っすぐに歌わせています。
 少女たちに憎しみを教えています。

 これらの言葉は、団塊の世代たちが寝言のように叫んでいた言葉です。
 このような言葉が、巷(ちまた)にあふれれているから
 子供たちは大人を信用せず、死んで行く。
 生きながら死んで行くわけです。

 秋元康は儲かっているから何とも思わない。

 終戦記念日を過ぎました。
 かつて日本の子供たちは、終戦の日まで勝利を疑いませんでした。
 真っすぐに信じて死んで行きました。
 本当のことは教えてもらえませんでした。

 秋元康は儲かっているから何とも思わない。
 子供たちが自殺しても、アイドルが刺されても・・・
 どんどん狂って行きます。

 私達はどうすればよいのでしょう?
 その舞台から降りることです。
 メディアの元を切って、その世界から離れることです。

 秋元康の教えから離れることです。
 クオ・ワディスより パウロの言葉
 「キリストが命じたもうたのは、悪を憎むことよりは、むしろ人を愛することです。なぜならキリストの教えは愛であって、憎しみではないからです」

 関連 ⇒ 『SONGS』 セカオワ と 欅坂46 平手友梨奈 虚構の世界
記事へトラックバック / コメント


祟(たたり)じゃぁ〜〜っ! お△△の祟じゃぁ〜〜っ! 

2017/08/12 10:03
 祟(たたり)じゃぁ〜〜っ! △△の祟じゃぁ〜〜っ! 
 ずいぶん懐かしい響きである。
 横溝正史の『八つ墓村』(やつはかむら)の映画から何年たったろうか?

 天理教と鏡池 このままでは天理教は滅びる
 ⇒ PDF
 読ませてもらった。

 平成12年ごろの話だから、私は企業人として中国人相手にバタバタしていたころだ。
 こんな話があるとは思わなかった。
 三島神社移転と鏡が池の破壊は、大変残念なことだ。 ⇒ 過去blog 甘露台の小石
 戦後天理教は信仰が自由になり復元と言う言葉が発せられたが、このことを見る限りにおいては全く逆で、未だに天理教本部は教えの改竄を続けている。

 まあ、バチが当たって死人が出た。・・・祟りと言っても良かろう。
 このような話は、迷信じみているが、天理教本部が流布する迷信?迷妄話より信憑性があるのではなかろうか。

 私の住む松江市にも同様の話がある。
 田和山遺跡である。 ⇒ wikipedia 田和山遺跡は神蹟(神様のお鎮まりの所、祠などが廃絶後その地を神蹟と称す)であることは間違いない。
 田和山遺跡、上に乗っかてるように見えるのが背後に建つ市立病院。
画像
 その田和山遺跡を取り払って、市立病院を建設しようとした市長がいた。
 神様を追い払って、埃(ほこり)の巨塔を持ってこようとした。

 宮岡寿雄 元市長である。もと神戸市の助役で、松江市に来て辣腕(らつわん)を振るった。観光産業が現在のように活況なのは彼のお蔭だ。大功労者である。
 その彼が地元の反対を押し切って、病院建設を強行しようとしたが、急死した。推進者も土建屋も次々死んだ。この当時、私の町は松江市と合併する前だったので、現場に立ち会えなかったのが残念だ。
 祟りに恐れた市役所は、一転保存を決め遺跡と病院が並ぶ、中途半端なことになってしまった。
 昔の田和山
画像
 病院建設後
画像

 松江市長 宮岡寿雄 死去について 発表者:助役・総務部長
 ⇒ 記者発表
 さすがに祟りとは書いていない。
 松江市立病院等建設予定地の一部変更について
 ⇒ 記者発表
 これも祟りとは書いていない。

 一方、祟りをまぬかれた例もある。
 松江市宍道町 宍道女夫岩 である。
画像
 ⇒ 参照ページ
 高速道路建設のため切通し開削、破壊が予定されていたが、保存のためにトンネルになった。 
画像

 天理教本部は今までに自分の身に起こった(おこっている)ことをよくよく反省してもらいたい。
 祟りがある?〜〜〜ぞぉっ!・・・今祟られているのかも。

 地場という場所は数学の座標のようなものだ。
 と書いたが、軽んじているような表現になってしまった。 ⇒ 過去blog 天理教本部の甘露台が倒壊した。
 話は全く逆で、大変重要な場所である。
 世界の中心・・・の座標。

 ひふみ神示 第23巻 海の巻 第十一帖
 タンバはタニハ、田庭とは日の本の国ぞ、世界の事ぞ、タンバとはタンバイチとは世界の中心と云ふ事ぞ、日の本と云ふ事ぞ、キミの国ざぞ、扶桑の国ざぞ、地場ざぞ、判りたか。
記事へトラックバック / コメント


日野原重明 翁 が亡くなった。

2017/08/10 23:56
 たまたま、NHKのクローズアップ現代を見てしまい、言いたくもない文句が言いたくなった。
 ⇒ “死” をどう生きたか 日野原重明 ラストメッセージ
 死を生きる・・・?

 最初の 加藤登紀子 婆 の歌はいただけない。
 最後には一緒に死ぬなんて・・・

 広い空の中を あなたと二人だけで
 終わりのない愛を 生き続けるために

 キリストが泣くような歌詞である。

 名言

 鳥は飛び方を 変えることは出来ない。
 動物は這い方、走り方を 変えることは出来ない。
 しかし、人間は 生き方を変えることが出来る。

 名言だろうか?
 当たり前のような気がする。
 根底にある発想は、動物は人間より劣っていて不自由な生活を送っている。
 話が何かおかしい。
 日野原重明 翁 は、生命体を観察したことがあるのだろうか。実にうまくできている。・・・神の御業。

 鳥の飛び方は十分機能的で美しい。美しすぎる・・・変える必要どころか学ぶべきことが多い。
 実際、航空機よりも効率的に飛んでいる。
 他の動物もそうだ、人間のように好き勝手ができない分、種としては完璧で非の打ち所がない。
画像

 だから、人に生き方を変えよ!と説教を垂れる前書きとしての、動物の話は話の次元が異なり意味不明である。

 世間の人は、『日野原重明 聖路加国際病院云々』の肩書にめっぽう弱くて、何か言うと、黄門さまの一言のように思ってしまう。

 まてよ、・・・私がひねくれているのだろうか?

 日野原重明 翁 の考え方の基本は、育った宗教上の環境にある。
 キリスト教・プロテスタント・メソジスト教会 である。

 元々のキリスト教では 日野原重明 翁 のような発想は生まれない。
 野のユリの話。
 マタイ6:28「野の花がどのように育つのか、注意して見なさい。働きもせず、紡ぎもしない。
 しかし、言っておく。栄華を極めたソロモンでさえ、この花の一つほどにも着飾ってはいなかった。」

 この一言でも、キリストと日野原重明 翁 のモノの見方が違うのがわかる。
 変質してしまったキリストの教えを信じているとこんなことになる。

 憲法9条もそうだ、書いてあれば世界が平和になるようなことはない。
 キリスト曰くマタイ10:34「 わたしが来たのは地に平和をもたらすためだと思ってはなりません。わたしは、平和をもたらすために来たのではなく、剣をもたらすために来たのです。(注意:剣をもたらすことになってしまう…の意味)」・・・奥が深いのでここでは語りつくせないが。

 本人も言うように長生きで人生を判断できるものではない。

 人間にとって最も大切なのは、命の長さだと思っている人は多い。
 しかし、私が出会った人を振り返ってみて、
 その人の命が素晴らしい命だと思える人においては、
 ごく少数の例外はあるにせよ、命の長さはあまり問題ではない。

 これにはイエスも賛成してくれるだろう。
 イエス・キリストは若くして十字架に吊るされ死んだ。

 柳田邦男 翁 (ノンフィクション作家)は 日野原重明 翁 がクリスチャンだと知っているのだろうか?

   わたくしはそういう死後の在り方、「死後生(しごせい)」と呼んでるんです。・・・?

 ペテロの言葉 シェンキェーヴィチ クオ・ワディスより
 なぜそのようになげくのです・・・・・。神ご自身が進んで苦しみと死とに身をゆだねられたのに、あなたがたは神がそれをまぬかれさせてくださることを望むのですか。信仰薄き人びとよ! あなたがたは神の御教えがわかっているのですか。神が約束なされたのはこの世の生命だけでしたろうか。神はあなたがたのところへ来られて、『わたしの道を歩め』とおっしゃって、あなたがたをおんみずからのもとへ引き挙げようとなさっておられるのに、あなたがたは両手で大地にしがみついて、『主よ、助けたまえ!』と叫んでいます。わたしは神の前では一片の塵にすぎませんが、あなたがたに対しては神の使徒であり、代理人です。そのわたしがキリストの名において申します。あなたがたの前途にあるのは死ではなくて、生命です。苦しみではなくて、かぎりないよろこびです。涙やうめきではなくて、歌声です。奴隷の身分ではなくて、王の位です! 
記事へトラックバック / コメント


甘露台の小石

2017/08/08 22:04
今回も天理教関係者以外の方は意味不明な点が多々あると思います。いちいち説明していると埒が明かないのでスルーしてください。

 天理時報に 『かんろだい すえかえ』 の広報がのった。
 8月24日には据替が終わる。
 ” 反省の意を強く持ち” と時報には書いておきながら、もう据替である。
 毎朝、毎晩
 あしきをはらうてたすけ せきこむいちれつすまして かんろだい
 と唱和しているはずだが、一列心が澄んだのだろうか?
 「澄まして」を「済まして」と勘違いしてるんじゃない?

 本物の甘露台が官憲(公権力)に没収された時には、『ぢば』に小石が積まれていたらしい。
 道友社 『かんろだい物語』P41
画像

 教祖様存命中のことであるから、教祖様のお許しがあったのであろう。黙認だったかもしれない。
この際、石の本物の甘露台を建てるまで、小石の山でもよいようなものである。
(小山も研究すると面白いことがわかるが・・・)

 その小石、甘露台の石を私は何個か持っている。ストックしている。
 正確にいうと甘露台を作る材料の花崗岩である。
 入手先は、天理市を流れる布留川。
画像

 所謂(いわゆる)霊石である。
 ただ、布留川を流れ下って来る石はほとんどそれなので、そこの土地では別に珍しい物ではない。
 中には、コンクリート片だとか、瓦、他から持ち込まれた骨材の石などがあるのでそれには注意が必要である。

 私は霊石か否か持っただけで分かるが、あなたが普通の人であればOリングテストで確認できる。
 以前は団参(団体参拝)の時に、一人別行動をして、布留川の周りを徘徊し石上神宮の裏の方の谷で実験用の小石を拾ったものだ。帰りのバスで同乗者に天理土産として配ったりしていた。

 石上神宮には、布留川の砂を「清めの砂」として置いてある。
 
画像

 古くから、布留川(布留御魂大神)の石や砂の霊験は知られていたのであろう。
 あなたも布留川に降りて拾って帰れば良い天理土産である。

 その霊験の元は、磐座 八つ岩(八大竜王)である。そこから下った地下水が本部の下を流れているだろうことを、下の写真から容易に推測できる。そこに甘露台を立てれば素晴らしいことが起きる。
 
画像

 ただ、天理教本部により、ぢ場は整地され地形が著しく損なわれている。特に、ぢ場の上流(東側)にあった三島神社(移転)と鏡が池が破壊されたことによる地下水脈への影響が心配される。・・・天理教本部により台無しにされたかもしれない。
 三島神社があったころ
画像

 三島神社と池がなくなった 
画像

 いずれにせよ、やってみればわかることである。

 こんな実験もしています。 甘露台の縮小モデル
記事へトラックバック / コメント


バチが当たった! ひな形甘露台倒壊について天理教の見解

2017/08/05 21:34
 最近天理教系の来訪者が多いようです。
今回も天理教関係者以外の方は意味不明な点が多々あると思います。いちいち説明していると埒が明かないのでスルーしてください。

 バチが当たった!
 昨日、生垣の剪定をしていたら、突然ハチに襲われた。
 右の眉毛の下に激痛が走った。
 イッテェ〜〜〜!

 日ごろから、色々なものに文句ばっかり書いているから天罰が下ったのか?
 これは、神様からの何かのメッセージ・・・
 深く反省し、お詫び申し上げなければならない。
 神様の思し召しに添い切る心定め・・・・
 ・・・・なぁ〜んて思わない。

 すぐさま患部を洗い冷やす。
 次に、痛いけど我慢して、巣を探し出し、ハチの種類の特定と駆除。
 ハチの種類は、アシナガバチだ。
 今回で三回目だ・・・たぶん明日は顔が腫れて恥ずかしいなぁ〜〜。
 婆さんが病院へ行けと言ってうるさいから、近所の世話になっている皮膚科に行った。

 事故が起きたら、原因を突き止めて、再発を防止しないといけない。
 ハチの種類がわかれば、処置の仕方も、症状の経過も予想がつく。
 巣を取り払えば、他の人に危害が及ぶことがない。
 ・・・一安心である。

 ひるがえって、天理教ひな形甘露台倒壊について表統領 山澤 何某の見解を読んでみると。
 信者に詳しい状況も原因も知らせないまま、
 今回の事件を ”我がこと” と捉えて ”活きぶし” にせよ!・・・とは なんのことか。
 いい加減にせよ!

 ワシみたいにバチが当たるぞぉ〜〜!
画像
 男前が台無しです。痛そうに見えますが、ちょっとかゆいだけです。
 みなさんハチも暑くて気が立っています、気をつけてください。

 ⇒ 天理教本部の甘露台が倒壊した。
記事へトラックバック / コメント


今井絵理子参議院議員 みなさん巻き込まれないように。

2017/07/31 21:58
 2016/07/11 23:22 今井絵理子さんが当選 池上彰 氏 に要注意 blogに
 『あ』 さんから
 立候補するなら勉強してから来いって話だろ
 ・・・とコメントを頂きました。

 大変申し訳ないのですが、『あ』さんは、巻き込まれていらっしゃいます。

 私のblogで 私は『今井絵理子さん』は人身御供(ひとみごくう)と表現しています。
 ⇒ 「SPEED」今井絵理子さんの擁立を自民党が決めた ?
 立候補当初は、自民党から国民へのお供え物でした。
 当選時は、池上彰 氏 から視聴者へのお供え物。
 今回は、マスコミから『あ』さんその他の方々へのお供え物です。
 お供え物は、お祭りの時だけ神様の前にある。
 『今井絵理子さん』をお供えして、儲けさせてくださいと拝んでいるわけです。

 『今井絵理子さん』は頭のいい人たち(自民党・池上彰 氏・マスコミ )の金儲けの手段にしかすぎません。
 『今井絵理子さん』は頭が悪いとは言えませんので、まあ純粋な方だと。
 可哀そうだと思いませんか?

 あなたは、感情のまま反応することで頭のいい人たちを儲けさせています。

 不良少女が悪い事をするまで見ておきながら放っておいて、悪い事をしたとたんに吊し上げる。
 週刊誌の発売日までみんなよだれを垂らして待っている。
 そんな自分の姿に気づかないといけません。
 ・・・かなりの人がもう気が付いていると思うのですが。

 議員は勉強してなるものか?
 私も恥ずかしながら10ヶ月ほど町会議員をしました。
 町内会の爺さんたちに急に担がれて、突然出ちゃったわけです。
 別に、議員の勉強をしたことはありません。なってからでも十分勉強はできます。問題は本人の能力とやる気です。
 ちなみに、実績は現松江市議の森本議員に聞いてもらえばわかりますが、例として町長を中学校建設問題と森林組合会計の件で吊し上げ、減給させました。
 ただ、こんな人間は頭のいい人たちには都合が悪いので市議にはなれません。

 今井絵理子参議院議員と橋本健神戸市議との不倫。
 新幹線で居眠り恋人繋ぎ・・・議員が議員としての職責を果たしていれば、別に個人的なことなのでどうでもいい話です。
 新人議員としての職責を果たしていれば、忙しくてこんな暇はないはずなので、たぶん議員としての能力のないまま遊んでいるからこんなことになる。
 しかし、この現実を創り出しているのは私達です。

 次は、『都民ファーストの会』あたりから人身御供が出てくるのが容易に想像できます。

 もう、こんな世界から離れましょう。
 みなさん巻き込まれないように。
記事へトラックバック / コメント


天理教本部の甘露台が倒壊した。

2017/07/31 20:28
 天理教関係者以外の方は意味不明な点が多々あると思います。いちいち説明していると埒が明かないのでスルーしてください。

 天理教本部7月26日夕勤め前、一青年によって甘露台が倒壊した。
 ・・・世界の終わりかぁ・・・まぁ何かが急に起きるわけではない。
 物理的・物性的には何の問題も起きない。
 今の甘露台は、木で作られた模型、天理教では『雛形甘露台』と呼ばれる。
 地場という場所も、天理教三大因縁の一つの場所・・・
 屋敷の因縁の場所 数学の座標のようなものだ。
 天理教のいう『親神様が鎮まっておられる所』ではない。
 人がそこに入って、模型が壊されただけだ。
 禁足地に足を踏み入れたので、病気になる・・・とか
 大災害が起きる・・・とか
 このこと自体でビビるような話ではない。

 この事件の天理教内の動揺は想像がつく。・・・既に『大ぶし』と言っている。
 天理教自体が本部による迷信(教えの曲解)で、自壊(じかい)の危機をむかえるのではなかろうか。
 偶像崇拝の基である、親神様が鎮まっておられる地場の『雛形甘露台』が人間により倒されたのだ。
 『雛形甘露台』が倒される事件は過去にもあった。
 しかし、今回は天理教を取り巻く環境が大きく異なっている。
 ・・・金がない。
 また、SNSの時代になり、情報が筒抜けとなっている。
 天理教の外に身を置いている私にも、かなりの正確さと不正確?さで時間を置かずに伝わってくる。
 (今、天理時報が届いた。既に時報より詳しく知ってしまっている)
 疑心暗鬼が教内を歩き回り、気が狂う人間が出るだろう。
 ・・・既に幹部は言うことがおかしいから、狂っている。
 天理教が自ら作り上げた、教内の『高山』と『谷底』
 『高山』は取り払われる。

 先に書いたように物理的・物性的には何の問題も起きない。
 ただ、屋敷は世界の鏡・・・世界の動きと連動している。
 さらに、様々なことが起きるでしょう。
 みなさん、わかる人は巻き込まれないように気をつけてください。

 それにしても、中島みゆきさん は凄い。
 予言的なタイミングである。
 この前のエッセイ 天理時報7月16日『すっぴん』
 後半は こんな風に見ることもできる。

 友・・・事情教会
 教育屋は・・・○統領
 大先生は・・・中山正善 ○真柱
 石・・・甘露台
 月・・・神

 「私」 により残り物(の福・金?)さえ持ち去られてしまった。
 〜〜ぁぁあ、言わんこちゃない。

 物凄い底意地である。

 エッセイ イメージ 前半 後半

 ⇒ 天理時報 に 中島みゆき の エッセイ?
 ⇒ バチが当たった! ひな形甘露台倒壊について天理教の見解
 ⇒ 甘露台の小石
 ⇒ 祟(たたり)じゃぁ〜〜っ! お△△の祟じゃぁ〜〜っ! 
記事へトラックバック / コメント


『SONGS』 セカオワ と 欅坂46 平手友梨奈 虚構の世界

2017/07/30 00:45
 たまたま、寝る前にNHKの『SONGS』をみた。

 セカオワ と 欅坂46 平手 友梨奈 が出ていた。

 彼等を始めて見たが・・・うんざりした。

 セカオワはもう30歳だと言う。
 彼等は、いい歳こいて 子供相手に何をしているのか?

 平手 友梨奈 に 目の前で

 大人は信じてくれないって思っています。

 と言われ、

 説教臭くなってやだよね。説教をしたくない。感じたままに進めばよい。自分の意見を大事にすればいい。

 と答え、

 平手 友梨奈は、説教したくないのが嬉しかったらしい。

 セカオワはもう30歳・・・普通に仕事をしていれば、仕事の手順がわかり・・・彼らに言っても無駄だ。

 大人を信じていない 平手友梨奈
 「大人への不信感・・・大人は信じてくれないって思っています。・・・全部嫌いです。」
 ならば
 30歳、大人の セカオワ が何を言っても無意味なはずだ。対話は成立しないと思う。でも対話できている。ライブでは感動したりもしている。

 なぜ、年が倍も違う子供の彼等との対話が成立するのか。
 セカオワ が 子供の心を持っているからだ。・・・・・これは偽装だ。
 これこそ、辻褄の合わない『虚構の世界』だ。

 私は セカオワ の顔に 大人の狡(ずる)さ を見る。・・・誰かのつくったマニュアルどうりに仕事する。

 NHKの欺瞞・・・それはこれに限ったことではない。
 セカオワ・欅坂46・・・の背後にいる腐った商業主義。

 世界の終わりだ。
 イエスの言葉
 「父よ。彼らをお赦しください。彼らは、何をしているのか自分でわからないのです。」(ルカ23:33〜34)

 セカオワ より オッサンは THE TIMERS の方がいくらも共感する。


 『争いの河』

 大人たちか言い争ってる
 原発や米や税金で争ってる
 大人たちが言い争ってる
 社会や文化経済で争ってる

 その間に目的を持った奴が
 ちゃくちゃくと準備をしてる
 チャクチャク チャクチャク チャクチャク・・・


 政治家はただ選挙で争ってる
 宗教の奴等は神様で争ってる
 科学者ときたら特許で争ってる
 企業はひたすら利益を争ってる

 その間に目的を持った奴が
 ちゃくちゃくと準備をしてる
 チャクチャク チャクチャク チャクチャク・・・


 芸術家が著作権で争ってる
 教育者は偏差値を争ってる
 芸能人は笑顔で争ってる
 スポーツマンは記録を争ってる

 その間に目的を持った奴が
 ちゃくちゃくと準備をしてる
 チャクチャク チャクチャク チャクチャク・・・


 争って比べて繰り返しつづけてく

 男も女も朝から争ってる
 親子も他人も兄弟も争ってる
 人殺しもお巡りも争ってる
 田舎も都会も海でも山でも空でも

 その間に目的を持った奴が
 ちゃくちゃくと準備をしてる
 チャクチャク チャクチャク チャクチャク・・・


 大人たちがまた争ってる
 未来や過去や現在を争ってる
 いい歳こいてまた争ってる
 力で言葉で思想で争ってる

 その間に目的を持った奴が
 ちゃくちゃくと準備をしてる
 チャクチャク チャクチャク チャクチャク・・・
 ・・・・・・・・・・
記事へトラックバック / コメント


虚構の世界 本当の自分は「高度な科学を持った遠い未来」にいる・・・逆にすると。

2017/07/29 23:26
 虚構の世界 本当の自分は「高度な科学を持った遠い未来」にいる。
 この発想を、遠い未来ではなく逆に遠い過去に持っていこう。
 すると、結論から言ってしまうと、アブラハムの宗教(ユダヤ・キリスト・イスラム)になってしまう。

 虚構の世界・・・原罪を負った今の世界
 高度な科学を持った遠い未来・・・昔のエデンの園
 本当の自分・・・アダムが原罪を犯す前の人類

 私たちは、生まれたときから罪びとで、回心すると天国へ行ける。
 自分が悪いのはアダムのせいだ。
 過ちを犯すのも、遠い過去(エデンの園)にいる本当の自分(アダムとエバ)がさせている。
 目の前に起きていることは自分とは関係ないことになってしまいます。
 神(God)は怖い顔をしてみている。
 ・・・危険な発想です。

 全知全能の神(God)がなぜこんな面倒なことをするのでしょう。
 すると、悪魔が出てきたり、ルシファーが出たり、
 神(God)は慈悲深いから、猶予を与えた・・・

 私は・・・お前はバカか? 
 と、言うことにしています。
 神(God)は全知全能のくせに話がどんどん面倒なことになってゆきます。

 キリストは言いました。
 神の国はいつ来るのかと、パリサイ人が尋ねたので、イエスは答えて言われた、「神の国は、見られるかたちで来るものではない。 また『見よ、ここにある』『あそこにある』などとも言えない。神の国は、実にあなたがたのただ中にあるのだ」

 ミキ婆さんの
 ここはこの世の極楽や わしも早々参りたい。
 です。

 『今の世界は私たちが自分で創りだしている』・・・現実から逃げる必要はありません。

 だって、極楽なんですよ。
記事へトラックバック / コメント


コメントで どう思われますか と質問を受けました。

2017/07/27 00:08
 == 質問の一部 ==
 『今の世界は虚構であり、私たちは人工的に作られた肉体を使って、人工的に作られた「場」で生活をしているのであり、本当の自分は「DNAや原子を合成する科学を持った遠い未来」(真実の世界)にいます。』という発想は、(無限回の問答は抜きにして)、成り立つでしょうか。

 == 答え ==
 成り立ちません。
 遠い未来(真実の世界)にいる本当の自分・・・・彼の目的はなんでしょうか。
 彼はなぜその様な面倒なことをするのでしょう。

 『今の世界は虚構』・・・この発想は、自己の精神の分断がもたらす現実逃避の発想です。目の前の現実から逃避するために、自分以外のモノにその現実の原因を移す行為。
 この発想がエスカレートすると・・・目の前に起きていることは自分とは関係ないことになってしまいます。
 過ちを犯すのも、遠い未来(真実の世界)にいる本当の自分がさせている。
 ・・・危険な発想です。

 『今の世界は私たちが自分で創りだしている』・・・です。逃げることはできません。
 私たちは、高次の世界から現象の世界へ、現実を体験するために来て(寄り合って)います。

 中山ミキ婆さん(天理教教祖)は

 みなせかいがよりあうて でけたちきたるがこれふしぎ
 みな世界が寄りあって 出来立ちきたるがこれ不思議

 と教えます。

 有機だろが無機だろうが、原子だろうが、惑星だろうが、個人だろうが、他人であろうが、小宇宙だろうが、善人、悪人、ダンナ、嫁、婿、未来、過去・・・・ありとあらゆる全てのモノが寄り合って今の世界はできています。

 その中で私たちは、それらを使って様々な現実を自分で体験する。

 中山ミキ婆さんのおススメは

 こゝはこのよのごくらくや わしもはや/\まゐりたい
 ここはこの世の極楽や わしも早々参りたい。

 です。

 この全体のシステムが、神、生命、無量寿・無量光・・・です。

 関連 ⇒ 虚構の世界 本当の自分は「高度な科学を持った遠い未来」にいる・・・逆にすると。
記事へトラックバック / コメント


東京オリンピック2020 開会式の日程は・・・本気でしょうか?

2017/07/24 21:53
 東京オリンピック2020の開会式日程
 開会式は、『2020年7月24日金曜日』
 働いている人は週末へ向けて、子どもたちは夏休みへ向けて、全国の日本人の胸踊る日に東京オリンピック2020も華々しく開幕する予定です。
 ・・・だそうです。
 この時期、背広を着て仕事ができる人にはわからないかも。
 今日もすごく蒸暑かったです。今度は北の方で大雨が降っています。
 上海は38℃を超えました。
 東の海で台風がウロウロしています。・・・異常です。
 首相の気持ちを忖度しているのでしょうか?

 東京オリンピック・・・正気じゃないですね。

 国会では案の定「前川ッチ」がいい味を出しています。みんなクルクルパーですね。
 私の6月8日のblogを読んでいれば「前川ッチ」の作戦に引っ掛からないのに。
  ⇒ 過去blog 【加計学園 問題】 前川喜平 前次官は善人?

 いずれにせよ、私たちは、私たちの正しいと思うこと・・・私たちが良いと思うことを真面目にするしかありません。
 良いこと・・・神仏の教え。
 神様を大切にする。ご先祖様を大切にする。家族を一族を大切にする。自分自身も大切に。
 私たちは神の子・仏弟子であり、光でできています。

 もちろん「前川ッチ」も「安倍ちゃん」も
 意外かもしれませんが、彼等も自分の正しいと思うことを一生懸命やってます。
 方向が神様とずれているだけです。

 私たちはずれてはいけません。
記事へトラックバック / コメント


暑い日が続きます。「てんび火の雨」

2017/07/22 23:11
 みなさん大丈夫ですか?

 天理教の関係者ならわかると思いますが、『おふでさき』の中に「てんび火の雨」がでてきます。

 06.116 このはなしなんとをもふてきいている てんび火のあめうみわつなみや

 まさに、この頃の天気は「てんび火の雨」日中野外へ出る際は危険を感じます。
 北海道でも恐ろしい暑さ、毎朝BS1でワールドニュースを見てますが、お天気コナーで気象予報士の吉井さんがこともなげに世界中が暑くて大変、世界記録だと毎日言っておられます。

 中山ミキをはじめ世界の預言者たちは、例外なく天変地異は神の怒りと表現しています。
 旧約のノア、ロトは人々に忠告するのですが、人々は回心せず滅んでしまいます。
 例外はヨナ ⇒ 過去blog 予言の書 考察 とめふで ひふみ神示 黙示録

 さて、現代
 あなたは、天理教の用木(信者)でしょうか?
 天理教の神は『時・旬』と言われます。

 06.069 高山ハなにをゆうてもをもうにも みなにんけんの心ばかりで

 国の上層のことですね。

 今その時が近づいているように思うのですが
 『おふでさき第六号』
 あなた自身はこれを読んでどのような行動をとるべきでしょうか。

 私は、神に凭(もた)れてゆきまする。・・・です。
 もちろん、天理教本部ではありませんヨ。

 関連 ⇒ 地震 は 天罰 か?
記事へトラックバック / コメント


さだまさし氏の『風に立つライオン』を読んだ。

2017/07/22 22:30
 ラジオをから さだまさし氏の『風に立つライオン』が流れてきて、その中に『アメイジンググレイス』のメロディーが使われていて興味を持ったからだ。
 結論から言わせてもらうと、日本の平和ボケのオジサンの理想(無意味な夢物語)の小説だった。
 『アメイジンググレイス』を調べるとわかるのだが、作詞をしたジョン・ニュートンは、商船の指揮官であった父に付いて船乗りとなったが、さまざまな船を渡り歩くうちに黒人奴隷を輸送するいわゆる「奴隷貿易」に携わり富を得るようになった。
 その彼が、回心して聖職者となりこの詩を作っている。
 この詩の中に、黒人奴隷貿易に関わったことに対する悔恨と、それにも拘らず赦しを与えた神の愛に対する感謝が歌われている。
 <<以上Wikipedia参照>>

 アフリカは白人が来るまで、それなりに平穏な土地だった。
 白人の航海術の発達のせいで世界中が地獄となった。
 アフリカと中東はそれから500年もたっているのに未だに混乱の渦中にある。
 安全な日本をあえて飛び出し僻地医療に取り組む・・・・茶番である。
 なぜ茶番か・・・・現在もかの地の状況は酷くなるばかりで一つも改善されない。
 さらに、本人たちが善意だと思い茶番に気付いていないのがなんとも痛ましい。

 いまは中国(中共)が白人に代わってアフリカを食い物にしている。
 『アメイジンググレイス』の真の意味もわからず、アフリカの歴史も勉強せずに、ムードだけでこんな映画・小説を作ってもらいたくない。
 何も知らずに単純に感動する人がかわいそうだ。

 歌詞の中に
 神様についてヒトについて考えるものですね
 やはり僕たちの国は残念だけれど
 と出てくる。
 ・・・・・彼は、神について、国について、本気でよく考えているのだろうか?
 ・・・・・さだまさし氏が残念である。
記事へトラックバック / コメント


季節の写真

2017/07/18 23:05
茶碗蓮の花が今年も咲きました。
全開の前日、このくらいまでしか開きません。
画像
 一回夜閉じて、次の日全開です。 
画像
 エアプランツ チランジア 空中で親株が紅葉し花を咲かせます。周りには、緑色の子株がついています。冬室内に取り込めば、比較的簡単に育てられます。 
画像
 空三態 
画像
画像
画像
 この空の下で様々なドラマが繰り広げられています。
記事へトラックバック / コメント


天理時報 に 中島みゆき の エッセイ?

2017/07/16 22:50
 今日天理時報を読んでいたら、中島みゆきさんの詩・エッセイ?が載っていた。Bとあるので3本目。
 私としたことが、毎回目を通しているはずなのに、見逃していた。

 調べると、お題は 『四十行のひとりごと』 @4月16日「礼」A6月2日「おこわさんでも」B7月16日「すっぴん」
 @ のイメージがWeb上にあった。⇒ 前半 後半
 中島みゆきさんが、天理教を脱会しているとの噂は本人に聞くしか確かめようがないのだが、エッセイを天理時報に載せているのなら、天理教との関係が続いていることに間違いはない。
 私は天理教を辞めたが、それは、分教会との関係が悪化したためだ、もし、分教会長が私に対して理解のある人物であれば、まだ天理教徒であったかもしれない。そして、今頃、天理教本部のやり方が気に入らなくて、内部反抗を実行していただろう。又は・・・財産を取られて破門。・・・いずれにせよ『ミキ婆さんの教え』と『本部の方針』の違いに納得できなくて爆発していたはずだ。
 中島みゆきさんの所属する教会は、みゆきさんとの関係が良好な状態なのだろう。

 今回のエッセイ
 一部 引用させてもらう。

 『すっぴん』
 「いや実に素晴しいお話でした おい」
 えんちょう先生が顎をしゃくったのにも気づかず
 私は 真っ白なクロスに並んだごちそうに見とれていた
 「これで我が学園も威厳が おい お酌をせんか」
 ああいけない 私と友は膝行してビール瓶を手にとった
 「気が利かない女どもで申し訳ありませんです
 これは歌手なんですがね 私に言ってくれれば
 いつでも大先生の講演会で歌わせますよ」
 えんちょう先生は突然私のプロダクションに変身した
 「歌手のわりには地味でしてね いい子ですよ
 化粧もしない すっぴんです それに比べてこいつは」
 私の隣にいた友は ぎごちなく微笑んだ
 「なんにも能がないものだから
 化物みたいな化粧しやがって 見世物ショーですよ」
 一座は 大受けで拍手した
 友は細い首をうなだれて お酌を続けた

 >>>>> 引用ここまで。 ・・・あと24行 <<<<<

 Web上に画像があった。 ⇒ 前半 後半

 なにが表現されているのか一般の人には良くわからないだろう。
 天理教内にいた私にはよくわかる。
 中〜大レベルの天理教会のお祭りのあと、直会(なおらい)の雰囲気だ。

 一語一句深読みしてもいいのだけれど、なんとも虚しくなる。

 ・・・深読みはやめた。

 天理教の関係者は時報を読んでおられると思う。
 全文よく読んでもらいたい。

 このようなエッセイを天理時報は載せてしまう。
 私は悲しくなった。

 また、同時に中島みゆきさんの凄いところがよくわかる。

 最近天理教の関係者からコメントをもらう。

 ミキ婆さんの教えを信じて頑張ってもらいたい。

 ⇒ 天理教本部の甘露台が倒壊した。
記事へトラックバック / コメント


天理教 おつくし しないと死ぬ?

2017/07/14 22:21
 『天理教に献金しないと命がなくなる!?』
 そんなWeb上の記事を読んだ。 ⇒ 天理教社会学研究所

 天理教本部はそこまで狂ってきたか。・・・残念である。(神の残念の現れである)
 これは、天理教機関紙「みちのとも」2016年12月号の中に中田善亮 氏の言葉として、
 ” おつくしは命のつなぎであり、親神様にお受け取りいただく真実である。”
 と記載されているらしい。
 ” おつくし ” とは 天理教に尽くすこと・・・何を尽くすのか?
 現金・・・献金のことだ。

 以前にも書いたが、天理教は今お金が無くて困っている。
 命のつなぎ・・・とは、天理教本部の存続のこと。
 お金を受け取るのは、天理教本部であり、親神様ではない。
 親神様にお金を差し上げないと命が無いなら、とっくの昔に私は死んでいる。

 中田善亮氏は 天理教の布教や伝道を担当する表(おもて)統領=重役である。
 また、次期真柱(天理教代表者) 後継者である中山大亮氏の実父でもある。

 こんな話が天理教本部の中枢から堂々と発せられるなんて、天理教は屍(しかばね)同然である。

 月次祭(つきなみさい)では

 神が出て何か委細(一切)を説くならば 
 世界一列勇なり
 一列に早く助けを急ぐから 
 世界の心も勇めかけ

 と大合唱するけれども、神ではなくて、天理教本部重役が出てきたらこんな話しかできないのだろう。

 天理教は神の残念の塊である。
 中山ミキ(神の心)と長男中山修司(人間心)の対立の歴史。
 お筆先検索 アプリで「ざんねん」を検索すると93首ヒットする。・・・93ざんねん
 ここに来てさらに残念を重ねている。

 天理教のお屋敷(天理教本部)は世の中の写し鏡だと聞いたことがある。
 まさに、国会と国民の想いの乖離(かいり)を写していると言えよう。

 用木(天理教信者)の方々気を落とさずに、神を信じて行ってください。
 私は天理教から離脱した。(ミキ婆さんは好き)
 ちなみに、私の実家は
 父親は、天理教を葬式仏教と一緒だと思って続けている。・・・中山ミキの信仰はしている。
 母親は、完全に洗脳されていて目が覚めない。・・・まあ死なんと治らんでしょう。

 私からは、ああしろ、こうしろ、とは言いません。

 それこそ、

 むりにどうせといはんでな
 そこはめい/\のむねしだい

 信仰は銘々のものである。

    ⇒ てんび火の雨
 
記事へトラックバック / コメント


夏海シーズンです。

2017/07/13 20:58
一年ぶりにシュノーケリング。
50肩もすっかり治り、余裕で泳いでいます。
今年は、防水カメラを使って水中撮影をしてみました。
けっこう写るものですね。 
画像
 ブロガーH 
画像
 
画像
 海の中を観察します。ウミウシ 
画像
 危険なゴンズイの稚魚の群れ、虎縞でよく目立ちます。棘がありかなり痛いらしい。 
画像
 サザエとトコブシがいます。わかりますか? 
画像
 これは真ん中にサザエ 
画像
 植物なのか、何物かの卵なのか、緑のブツブツがありました。 
画像

 海の中を観察していると飽きることがありません。時間を忘れます。陸にしろ海にしろ空にしろ、素晴らしい多様性の中で私たちは生かされています。感動しますね。

後はイメージ写真です。
画像
 サザエのつぼ焼き 
画像
記事へトラックバック / コメント


子供たちの自殺のニュースが後を絶ちません。

2017/07/10 21:46
 一方国会では文科省の【加計学園問題】について【閉会中審査】が行われています。

 子供たちが自ら命を絶って行くことを、国会議員はなんとも思っていない。
 (思っているなら行動を起こしているはず)
 子供たちに物事を教えることに対しての機能が完全に麻痺している。

 先日の七夕の短冊に『死にたい』などという願い事?が書いてあり大騒ぎになった所があったようです。
 先生方が戦戦恐恐としておられるとおもいます。精神的に大変悪い状況です。

 子供たちは大人を世界を見る窓として使っています。
 大人たちがやっていることが【加計学園問題】では夢も希望も無くなります。
 あの国会の舞台に乗っている者は全員税金泥棒で、マスコミはみなさんの太鼓持ち・・・
 どうしよもない気持ちになります。
 それはそれで、私の家から東へ600qの場所で現実に展開している世界です。

 ただ、このblogを読んでいる人に言いたいのは、何度も繰り返してきましたが自分の周りのことは人任せにせず自分ですること。
 子供たちの教育はまずしっかり子供を抱きしめ、お前が大切だと言うこと。
 そして、自分の経験を語ること。

 世界はバラバラになるために作られ、一体になる経験を誘発します。
 子供・・・はバラバラになるため私たちから生まれ、抱きしめることで一体になる経験ができます。
 あなたは、バラバラになったままでいたいのか。
 一体になる経験をするのか。

 バラバラで逝ってしまう人たちに祈りをささげましょう。
 あの方々がいなければ、私はこちらにいないから。
記事へトラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

ひきのエフェクトのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる