池上彰氏 借金で日本がつぶれる!・・・はウソ

 ばあさんが、コロナ対策費で日本は借金だらけになって将来潰れる・・・と心配していた。

 池上彰氏が言っていたらしい・・・だまされたらダメ

 日本には借金ができるほど資産があるんだよ!

 大きな工場を持っているくせに、小さな借金でビクビクするのは変じゃない?

 それに、今国債ってマイナス金利で借りるとお金もらえるんだよ!

 使わなくても借りればお金がもらえる世界・・・?不思議な世界に住んでいる。

 昨日、特別定額給付金の紙が来た・・・ワシの家は7人家族・・・70万 早速投函

 ・・・二人目の孫が秋に生まれる予定・・・おしかった!

『武漢ウイルス(新型コロナ)』後の混乱 皆さん煽動に気をつけて。

 世界は『武漢ウイルス(新型コロナ)』禍の混乱から抜け出せないでいるが、それを利用し覇権を握ろうとするリベラル・左派勢力が世界を更なる混乱に導こうとしている。
 リベラル・左派勢力・・・今まで私が述べてきた『とうじん(唐人)』である。
 今、アメリカが内戦状態に陥(おちい)りつつある。
 ことの発端は「米黒人男性拘束死事件」人種差別問題だけれど、今の騒動は『武漢ウイルス(新型コロナ)』対策により発生した大量の失業者や収入を絶たれた下層の人々の不満にそれが火を付け爆発した形だ・・・とのことになっている。
 しかし、それは仕組まれたもので、トランプ大統領の政策が気に入らない、グローバリスト・ユダヤ資本・民主党・中共などとテロ組織が共謀して民衆の不安と不満を利用し暴動を起こしている。
 
 ・・・このように書くと、陰謀論者と言われそうだが、調べると色々なことがわかる、例えばアメリカで暴動が起きている地域と州知事の政党を見てみよう。
 何となく同じ分布となっている。
 

 民主党系(反トランプ大統領)の首長がいる州では、経済活動を『武漢ウイルス(新型コロナ)』のせいにして極端に抑え込んでいる。当然人々は経済的に困窮し不満と不安を抱くようになる。そこに活動家が潜入し、何も知らない貧しい民衆を焚きつける。
 
 ・・・まあ勘繰りはこのくらいにしよう。
 これは歴史的に繰り返されてきた古典的なパターンである。
 実は興味深い事件を『毎日新聞』が報道した。
mainiti.jpg

 アメリカと同じことを日本で企てている者どもがいる。 
 もちろん毎日新聞もぐるである。
 しかし、現在はSNSが発達し、彼らの実体がすぐに曝(あば)かれるようになった。
 こんな情報も
EZWL2G2UYAM571L.jpeg
 皆さんも煽動されないように注意しましょう。

6月になりました。

 陰暦の6月は・・・水無月
 漢字では 水が無い と書くけれど 実際は雨が多く降るので 『水の月』と解するのがよいだろう。
 
 今月末は大祓・・・様々なところで水の浄化の力が働く。

 神道では
 穢れを
 速川の瀬に坐す 瀬織津比売(せおりつひめ)と云ふ神 大海原に持ち出でなむ 

 天理教では  みかぐらうた
 [五下り目]
 三ッ みづとかみとはおなじこと こゝろのよごれをあらひきる
 
 水による清めの月 ・・・ となる。
 
 水星が東方最大離角
umenohana.jpg
 水星は太陽のから離れないので観測が難しい。
 天気のいい夕方、運良く観測に成功した。
 肉眼でも見ることができた。

suisei sora.jpg

suisei.jpg