この冬インフル流行なし・・・コロナ脳から目覚めましょう。

R30401インフルエンザ山陰中央.jpg
 山陰中央新報にこんな記事が載った。
 この記事の中でインフルエンザが流行しなかったのは、新型コロナ対策で海外との・・・云々
 
 どうしてこのような間の抜けた記事になるのだろうか?・・・情報操作の気もするが・・・
 ちょっと調べれば・・・専門家に聞けば『ウイルス干渉』だとわかるはずである。
 2020年の夏においては手足口病・RSウイルス・プール熱なども流行していない。

 インフルエンザをはじめ例年の感染症が流行しなかったのは、知らない間にみんなコロナにかかっていた・・・ってこと。
 そして、ほとんどの人が免疫記憶を持っていて、現時点においても感染するけど重症化しない。高齢者は体が弱いので死亡の危険があるが、これはコロナに限ったことではない。
 ・・・このことは、見識のある専門家や医師は既知の事実。
 本ブログでも何回も取り上げている。
 ・・・なぜか厚労省は言わない。
 
 今また、変異株について政府マスコミが恐怖を煽るが・・・基本的に感染力は強くなるが病毒は低くなる。・・・ただの風邪になる。

 『松浦善治教授に聞く』 より
 ウイルスにとっては、あまり人間に病気を起こさないようにして、人間の中でずっと子孫をつないでいくのが賢いやり方です。新型コロナもそうなると思います。

 政府マスコミは病毒性が強くなる可能性しか喧伝しない。
 
 何回も同じことを書くが、コロナなんてただの風邪になってきたし、今となってワクチンなんて打つ必要なし。(日本では)
 
 松田学氏がYouTubeにより動画が削除される。・・・理由の説明がない・・らしい
 裏で悪いことを企んでいる者達がいるということですね。
 コロナよりそいつらの方がよっぽど恐ろしい。
 
 みなさん目を覚まして歩きましょう。